髪の毛を育てるために必要な栄養素は

髪の毛を育てる
育毛を考えるのであれば、まず見直しておきたいのが食生活です。髪の毛を育てるために有効な栄養素を積極的に摂取することで、薄毛の悩みが改善しやすい状態を作ることができます。

育毛に有効な食べ物といえば、ワカメなどの海藻をイメージする人は少なくありません。

海藻には育毛をサポートするミネラルが豊富に含まれていますが、海藻だけ食べていても髪の毛を増やすことはできません。少しでも髪の毛の量を増やしたいのであれば、髪の毛を作るための栄養素を摂取することが大切です。
髪の毛を育てるためにまず摂取しておきたいのが、タンパク質です。育毛剤などを使ってケアをしても、髪の毛の主成分となるタンパク質が不足した状態が続いていれば、良い髪の毛は育ちません。そのため、肉や魚、大豆などでタンパク質をしっかりと摂取しておくことが大切です。

タンパク質から髪の毛を生み出すためには、一度アミノ酸に分解をする必要があります。その工程で必要となるのが、ごまや玄米、魚やレバーなどに多く含まれているビタミンB群です。

そのため、タンパク質のみの摂取を考えるのではなくビタミンB群も合わせて摂取をするようにすることで、髪の毛がより育ちやすい状態を作ることができます。

B群以外でも、ナッツや植物油に多く含まれるビタミンEには血行促進効果、野菜や果物に多く含まれるビタミンCには髪の毛に必要なコラーゲンを作る効果があります。そのため、薄毛で悩んでいるのであれば積極的にビタミンを摂取する習慣をつけておいて損はありません。

そして、タンパク質とビタミン以外に、もうひとつ摂取しておきたいのが牡蠣や小麦胚芽、さばなどに多く含まれる亜鉛です。髪の毛を生み出すためには、アミノ酸をケラチンに変えていく働きのある亜鉛の存在が欠かせません。

そのため、育毛を考えるのであれば、タンパク質とビタミン、亜鉛が含まれた食事を心がけるようにすると良いでしょう。

毎日の食事で、これらの栄養素を補うことが難しい場合は、足りない栄養素をサプリメントで補うことも有効です。

常に栄養素が足りた状態を維持することで、髪の毛が育ちやすい状態を作ることができます。